Copyright ©  SK SERVICE Limited company. All Rights Reserved

  • 有限会社エスケイサービス | Facebook

​太陽光設置をご検討のお客様へ

メガソーラーの設置をご検討中の企業様

土地有効活用をご検討中の方

メガソーラーとは

メガソーラーとは1MW(メガワット)以上の大規模な太陽光発電です。

発電所建設には1MWあたりおよそ2ヘクタールの敷地が必要となります。

2012年7月より「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(FIT)が始まり、太陽光で発電された電力を電力会社が一定の金額で買い取ることが義務付けられました。この制度による2012年7月から2013年3月までの買取価格は40円/kWh(税抜)、買取価格は20年に決定しました。

電力会社だけでなく、他業者の異業種本格参入が加速しています。また自治体が民間企業と提携し、遊休地を利用してメガソーラー事業を展開すると言う動きも見られます。
発電量としましては、設置場所・日射量等の要因によって発電量が変わりますが、1MWのメガソーラー発電所で概ね年間100万kWh以上の発電量が見込めます。これは一般家庭約300世帯が年間に消費する電力量に相当します。

メガソーラー事業とは

遊休地の有効活用

今まで活用出来なかった土地を自家発電所として活用することができます。日当たりの良い土地ならメガソーラーなどの太陽光パネルが設置可能です。

 

1MW(メガワット)のメガソーラー発電所を設置するのにおよそ2ヘクタール前後の敷地が必要となります。(土地の種類により使用制限がある場合がございます。)

土地を借りて太陽光発電所を建設し、売電して収入を得る、もしくはメガソーラー用に土地を貸して賃貸収入を得る方法もございます。

<クリーンエネルギーの推進>

自家発電で電力供給し、社会や地域への貢献も期待できます。 二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーを作り出すことが出来ます。

<電力買取制度により安定収益を得ることができます>

2012年7月から施工された自然エネルギーの固定価格買取制度を活用することにより、今後20年間は発電した電力の全量を国が買取ことが保証されています。 

 

不動産物件のようなリスクもなく安定収益を得ることが可能です。

<その他各種制度や税の特典>

グリーン投資減税などの優遇税制や初年度100%償却による法人税・相続税の税制特典